読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「茅ヶ崎ゴルフ場」は6万人の広域避難場所

知ってる?茅ヶ崎ゴルフ場

この茅ヶ崎上空からの航空写真を見てください。


f:id:Merimaa88:20151124185253j:plain
(2015/5/6、国土地理院撮影)


茅ヶ崎のJR東海道線より南の海岸エリアは、
神奈川県で最大のクラスター火災地域。 

クラスターとは、大地震などで出火し延焼火災になった場合、焼け野原になってしまう「延焼運命共同体」のことです。

びっしりと建て込んだ家、家、家・・・

この写真の木造家屋の密集に、マッチを1本放り込んだら・・・
それが海岸からの強風にあおられたりしたら・・・燃え広がってしまうのがイメージできると思います。

もし、大震災で同時多発火災が起こり、火災を消すことが出来ず、延焼火災がひろがった場合・・・クラスター火災が起こったら・・・命を守るには逃げるしかありません。

では、どこに逃げればよいのでしょう?

「茅ヶ崎ゴルフ場」のスペースで、湘南茅ヶ崎の「安全な暮らし」が成り立っています

茅ヶ崎ゴルフ場(写真の海岸近くの広いみどりのスペース)は、
周辺住民6万人の「広域避難場所」として指定されています。

よく間違えてしまうのは、

「避難場所」というのは、小中学校のように「避難生活」をする場所です。

「広域避難場所」というのは、火災延焼時に逃げ込む場所です。

なぜなら、小中学校のスペースでは、大火災延焼の炎の熱から身を守れない、もっと広大なスペースが必要になるからです。


「茅ヶ崎ゴルフ場」は、海岸側に唯一残された、広大なの緑のスペースでもあり、南部最大の「広域避難場所」です。


具体的には、幸町、若松町、ひばりが丘、松が丘(1・2丁目)、東海岸北(2・3・4・5丁目)、旭が丘、美住町、平和町、松浪(1・2丁目)、富士見町、東海岸南(2・4・5・6丁目)、菱沼海岸、白浜町、浜須賀、浜竹(1・2・3・4丁目)、汐見台、常盤町、緑が浜が指定されています。

隣接する浜須賀小学校と合わせて、約8万8千人の収容が可能とされています。 

しかし・・・

ちょっとまってください!


もし、もしですよ、
このゴルフ場の緑が、開発事業のために壊されて、スペースがせばめられたりしたら・・・どうなると思いますか? 

もういちど、先ほどの航空写真を見てください。

f:id:Merimaa88:20151124185253j:plain

他に逃げ場となるような広大なスペースがありますか?

延焼火災時に多数の住人が逃げ場を失い、逃げまどいの犠牲者が出るのは必至でしょう・・・


私たち住民はどこに逃げ込めばよいのですか・・・?


その問いに、服部茅ヶ崎市長は「藤沢に広域避難場所がある」と回答しています。

県で最大クラスター火災地域である茅ヶ崎市の市長として、市民の命への責任を真剣に考えていると思えません。

南側に唯一残された、緑の広域避難場所(火災とその輻射熱からも避難できる場所)を、狭めたり取り上げたりすることが許されるのでしょうか?


f:id:Merimaa88:20160505175823j:plain
茅ヶ崎ゴルフ場

私たちの要望 [命と文化を守るために]

私たちは、全ての地権者[神奈川県・茅ヶ崎市・茅ヶ崎協同(株)]に対して次の要望を行います。

1.県民であり市民である、「私たちの命を守ること」を権利として強く要望します。

2.今後のすべての検討や決定を、住民に対して公明性と透明性を持つよう、公開のプロセスをとることを要望します。

3.広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」を狭めたり、開発売却をしたりする場合は、同等の代替地を要望します。

4.神奈川県に対し、県民の命と財産を守ることを最優先に考え、茅ヶ崎市と話し合うことを要望します。

5.茅ヶ崎市に対し、多くの市民の命と財産に関わることを、地権者に理解頂く方法を考え、行動に移すことを要望します。

6.広域避難場所としての最大の機能が発揮でき、現在の風景を損なうことなく、最小限の税金投入で茅ヶ崎ゴルフ場を継続し、市民への開放時間や防災機能の設備強化などの検討・決定・運用を、住民と共に行うことを要望します。

7.私達は、神奈川県知事と茅ヶ崎市長が、県民・市民の少なくとも命を守る英断を強く望みます。


★それにしても・・・
なぜ、このような住民の命を軽視する開発問題が起こったのでしょうか?


☆お問い合わせ、ご意見などはこちらまで
「みどりと命を守る住民会議」

green_and_lives@googlegroups.com


chigasakigj-news.hatenablog.jp