読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茅ヶ崎市長は「住民説明会」よりSUP の開会式に出席

茅ヶ崎ゴルフ場は今どうなってるの?

SUP大会での異変 記者発表

すでに、マスコミ各社でいっせいに報じられてニュースになり、ツイッターでも話題になっていますが、9月10日、茅ケ崎市の海岸で開かれた「スタンドアップパドルボード(SUP)」の国際大会「マイナビ THE JAPAN CUP 」で、主催者が配ったTシャツを着た選手ら約30人がかぶれなどの症状を訴え、1人は入院。 


headlines.yahoo.co.jp


★茅ヶ崎市からは記者発表が出ています。

www.city.chigasaki.kanagawa.jp


f:id:Merimaa88:20160916201501j:plain

サーフィンの開会式に出席しても、住民説明会に出ない

この大会ですが、大会会長として河野太郎、大会副会長として市議会議員・柾木太郎、そして大会特別顧問として服部市長が、9月10日の開会式に出席しています。
マイナビ THE JAPAN CUP SUP Race in Chigasaki 2016


問題は、服部茅ヶ崎市長です!

このSUP大会の開会式と同じ日の同じ時間に、茅ヶ崎市役所の本庁舎4Fでは「茅ヶ崎ゴルフ場の利活用事業の説明会」が開かれていました。

県・市・茅ヶ崎協同から住民への説明や質疑応答があるということで、県・市の担当課(茅ヶ崎協同は同席せず)、住民120名が出席。

近隣住民6万人の命にかかわる広域避難場所の確保の問題、開発による緑と静かな住環境の破壊という、大きな住民問題を多数かかえ、前回の9月6日の説明会でも住民140名以上が参加。

説明会では、計画の「白紙撤回」を求める住民の強い声があがり、その様子は朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、神奈川新聞にも報道されました。

市長の責務とは?

このような経緯があるなら、服部市長は当然説明会に参加して、住民の意見に真摯に耳をかたむけ、質疑に答える姿勢があって当然です。

「市全体の問題と認識している」と自らコメントしていながら、住民の声を聞くことよりも、サーフィン大会で海岸にいた市長。

「市長、そこにいてもいいんですか?」

海岸でのサーフィン大会で開会の挨拶をしても、市役所は車で数10分で移動できる距離。 

「なぜ、このような重要な説明会に出席しないのですか?」


2年前のちょうど今頃も、市長・副市長だけでも税金で13回、ホノルルに滞在し、茅ヶ崎ゴルフ場の問題について、何ら手を打とうとしませんでした。
そして、副市長の公務中のサーフィンで亡くなる事故が起こり、市長の記者会見になったはずです。

そのとき、市民へのお詫びとして、市長がHPに掲載したのは、

正確な事実関係を速やかに公表することが、市の責務であることをより大切にする

市民の皆さまとの情報共有、市政の透明性の確保に努める

という、住民への約束でした。

説明会に出席した住民の皆さん、市長の約束をどう思われますか?