今年もやります!「茅ヶ崎ゴルフ場」 花火大会の自転車にスペースを解放!

サザンビーチちがさき花火大会

2016年8月6日(土) (荒天時翌日順延7日)
時間:19:30~20:20

茅ヶ崎は、道が狭く住宅の密集した町。 
やはり、自転車がいちばん便利なのですが・・・
花火大会で、海岸近くで問題になってしまうのが、自転車の駐輪場所。 

134号線は、当日は自転車で渡れないのです・・

周辺のマンションなどに自転車をとめて海岸に行くのでは、近隣が自転車で溢れてしまいます。


そこで・・・今年もやります!

「茅ヶ崎ゴルフ場」自転車に駐車場を解放!


ラチエン通り沿いの「茅ヶ崎ゴルフ場」が、駐車場を、花火大会の自転車に開放します!
 

f:id:Merimaa88:20160804144416j:plain
昨年の駐輪場。奥がゴルフ場のクラブハウス。  

松の緑に囲まれた、茅ヶ崎らしい雰囲気ある駐輪場でしょ。 

子供連れでも安全な場所ですし、
かなりの自転車台数を収容できます。

ラチエン通りを海岸に向かって進むと、係の人が誘導しています。
海岸に向かって、左に入ったところがゴルフ場です。


f:id:Merimaa88:20160804214455j:plain
松の緑も豊かな駐輪場です 

6万人住民の広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」

昨年はマンションへの駐輪が一台もなかったのです。 
こういう粋なアイデアは、市民も大歓迎!

工夫とアイデアひとつで、街は楽しくなりますネ。

周辺住民の人たちといっしょに、ゴルフ場を楽しもうというイベントも続々と開催されています。


chigasakigj-news.hatenablog.jp

chigasakigj-news.hatenablog.jp

ぜひ、ゴルフ場の中に、一度入ってみてください

そして、万一の震災時の同時火災延焼の時には・・・
ここが私たち住民の命を守るスペース=広域避難場所なのです。

大火災時には、小中学校の避難場所では、炎から命を守る広さが足りません。 

どれだけ広いスペースが必要とされているのか・・・それを、実際に目で見て確かめてほしいのです。


f:id:Merimaa88:20160804233158j:plain


震災時の同時多発火災では、日本でいちばん危険な延焼火災が予想される茅ヶ崎市。

それにも関わらず、市民の命を守る「広域避難場所」のスペースを確保せずに、事業者の利益追求を優先して、茅ヶ崎ゴルフ場の開発を進める県と市の姿勢について、改めて市民のみなさんも問いかけてみてください。

この緑のスペースが、クラスター火災地域の同時多発火災の大延焼から、命を守るために必要な広さなのです。