読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2回「みどりと命を守る住民会議」のお知らせ

みどりと命を守る住民会議

潮の香りと海風・・・日々のいとなみのなかには

いつもみどりのゴルフ場があった・・・ 


~第2回みどりと命を守る住民会議~

<日時>2016年6月5日(日) 
4:00 p.m. ~7:00 p.m.

<場所>茅ヶ崎ゴルフ場 2F ラウンジ


茅ヶ崎の住人、興味のある方、誰でも参加出来ます!


講師の話を聞いて、話して、行動する、住民のための住民会議! 

次世代の幸せを、住民目線で守り抜きませんか?
先日14日の参加者の声からその場で立ち上がり、
あらゆる立場の人が結びついた、
合議体で形成される住民会議、第2回目となります。


今回の議題はこちら!

震災火災時はゴルフ場の緑の空地が12万㎡あれば安心!

<茅ヶ崎防災対策課>
なぜ、命の安全のために12万㎡が必要なのか? 安全面積とは・・・

県の「事業者募集要項」の必須項目の面積で、住民を守りきれるのか?

<神奈川県財産経営課 星リーダーとの質疑議事録>
5月26日の星氏との事業者募集要項精査の面会議事録を公開致します。

用途変更は誰のためにされるのか?

<都市計画課>            
用途変更を考える時は・・・茅ヶ崎住民が幸せになると考えられる変更であること、いち事業者の為には行われない・・・それは本当ですか?

もしゴルフ場が残せたら・・・

安全で子供からお年寄までが楽しめる、素晴らしい提案が再度浮上するかも知れません・・・

<市民自治推進課>
市民自治の意味とは? 
茅ヶ崎住民と市が一つの協同目的を持てば、どんなに素晴らしい安全と楽しみが持てるのでしょうか?
・・・ゴルフ場は、ゴルフ以外のイベントにも開放できます。



f:id:Merimaa88:20160524222542j:plain

主催者 みどりと命を守る住民会議
 

講師として、茅ヶ崎市役所の防災対策課、都市計画課、市民自治推進課を招き、わかりやすく解説してもらいます。

そして、ゴルフ場のみどりの住環境を守りたい、残したい、命を守る広域避難場所の12万㎡の価値と意味を知って、住民目線で何でも話しあっていく会議です。 


chigasakigj-news.hatenablog.jp


第3回 みどりと命を守る住民会議も予定しています。 
6月25日(土)16:00~19:00 
海岸コミセン 2F大ホール
予定議題    
*住民は本当に無関心なの?(つくば競技場住民投票は住人勝利!)
*住民ファンドは考えられるか?(公共性を持つ意味では最良・最強)