その答えは・・・「砂防林に逃げてください」県から茅ヶ崎市民へ 

茅ヶ崎南部、海岸側の住民は、
スペシャル仕様の「非常袋」が必要になるかも??

非常袋の中身はというと・・・

蚊取り線香に、虫さされ薬、長袖シャツに長靴、
はては、ハチに刺されないような防護服まで必要になってしまう、、、

しかし、なぜそんなことになってしまうのでしょうか?


chigasakigj-news.hatenablog.jp


茅ヶ崎市民には海岸の砂防林でじゅうぶん!?

神奈川県財産経営課 星リーダーとの質疑などから見えてきたこと、をお話します。

茅ヶ崎ゴルフ場を、ゴルフ場として存続させるなら、住民にたいして12万㎡の「広域避難場所」は確保されます。

しかし、ゴルフ場を開発し建物などを作る場合・・・

必ず守らなければならない募集条件として

『6万人分の広域避難場所の確保』があります。 
 

6万人分に必要な「広域避難場所」の面積は? というと・・・
国、神奈川県、茅ヶ崎市の基準は1人につき2m² です。

2m² ×6万人分=12万m²

12万m² を「広域避難場所」として確保することが必須となっています。

これは、県で最大のクラスター火災地域である茅ヶ崎市は、住民の命の安全のためには、絶対に確保しなければならない面積です。

12万m² は、ゴルフ場の県有地ほぼすべての面積に当ります。


しかし!・・・

ここからが、県の言い分です。

茅ヶ崎住民の皆さん、よく聞いてください。

県が開発に応募する事業者から話を聞いたところ、

「ゴルフ場20万m²のうち、12万m²の広域避難場所を取るのでは、採算がとれない。広域避難場所の面積を、県の基準より狭くしてもらったら事業ができる。」という話がでた。

事業者のインタビューで、最低でも14万m²を開発しなければ採算に合わない、と言ってるから14万m²を開発でいいよ、という方向性にしたのです。


なので、ゴルフ場内の「広域避難場所」の広さは、
20万㎡ − 開発分14万㎡ =6万㎡ に抑えて、

あとの足りない6万m²の広域避難場所には、

事業者は「湘南海岸の砂防林」を広域避難場所に使うことにして面積に入れてもいい。

(現在の茅ヶ崎ゴルフ場では、ゴルフ場内に12万㎡が確保できています)
これ重要

今現在、基準の安全な広さが確保できているのに、あえて減らすなど、あってはならないことです。

しかも、茅ヶ崎市は県で最大のクラスター火災延焼地域です。


f:id:Merimaa88:20170101123731j:plain
このヤブの中が広域避難場所?


ちょっと待ってください!

それって、逆ではないですか?

県の仕事、知事の仕事というのは
まず、住民の命を守ることが最優先ではないのですか? 


県が自ら定めた広域避難場所の面積12万m²を確保すること、
それが最優先にくるべきです。 


つまり、、県は、命のために12万㎡を確保することよりも、事業者の利益のために14万㎡の開発を優先した、と発表したのです。

そして、広域避難場所の安全基準面積を狭く変えてまで、開発を茅ヶ崎市に要求しようとしています。

利益のための開発によって、広域避難場所の面積が足りないのなら、震災時の同時多発火災の延焼が起きた場合、茅ヶ崎市民は「134号線の松林が広域避難場所なので、そこに逃げるように」と言うのが県のスタンスです。

命の責任? 県にはありません

広域避難場所を開発によって狭くして、命が犠牲になった場合・・・

「責任は県にはない、茅ヶ崎市にあります。」

というのが、県の言い分です。

広域避難場所の基準面積の変更について、県は自らの手を汚すことをしないつもりのようです。
責任はすべて茅ヶ崎市に、茅ヶ崎市民に押し付けようとしているのです。


海岸沿いの、松林の防砂林・・・
生活する住民を、砂から防ぎ、風から防ぎ、騒音から防いでくれる、ありがたい松林です。

でも、車いすの方や高齢者の方は、とても避難できない場所です。

防砂林を広域避難場所とする自治体など、聞いたことがありません。

ヤブの中は、蚊はもちろん、アシナガバチの巣もあります。
避難しても、ハチに刺され、ヘビはいるし、
小さな子ども、ペットを抱えてどうしろと言うのでしょうか?


私たちは茅ヶ崎住民は、今、どれだけ命を軽視したことを、県から押し付けられているのか知ってください。


☆お問い合わせ、ご意見などはこちらまで
「みどりと命を守る住民会議」

green_and_lives@googlegroups.com


chigasakigj-news.hatenablog.jp