読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命を守る条例請求

3月12日(日)茅ヶ崎ゴルフ場 条例請求の否決について話し合おう!

平成29年3月12日〔日〕16:00〜 茅ケ崎ゴルフ場の2階ラウンジで、災害条例制定請求について、市議会から否決された内容説明会を開きます。多くの受任者の方々が署名・捺印に奔走して下さった結果として、実現した災害条例の請求でした。しかし、な…

2/21 本会議最終日:条例案を否決した議員の理由 市民で Check!!

2017年2月21日、茅ヶ崎市議会臨時会の本会議(最終日)には、災害対策条例案について賛成するか、反対するかの議員の討論が行われました。(もっとも、討論といっても、議長から会派ごとに順次指名されて、代表の議員が一方的に意見を述べるだけ…

2/14 委員会にて:委員から行政への質問

行政の答えになっていない答え 2月14日、「教育経済常任委員会」で、採決に先だち、午前10時から、条例制定の請求代表人5名が参考人として委員会に出席しました。委員からの質問に代表人が回答し、議員と市民側の直接のやり取りとなった午前中のセッシ…

2/14 委員会にて:委員から請求代表人への質問

なぜ、条例請求はおこったのでしょうか? 2月14日、「教育経済常任委員会」で、市民グループが制定を求める「災害対策基本条例案」について、委員(議員)による採決が行われました。 委員全員一致での否決となりました。採決に先だって、午前10時から…

2/21 災害対策条例案を否決 新聞各紙の報道  

茅ヶ崎の市民団体「みどりと命を守る住民会議」のメンバーらが、地方自治法74条に基づいた直接請求によって制定を求めた「茅ヶ崎市災害対策基本条例案」。 2月21日、制定への最終審議をする、茅ヶ崎市議会の臨時会本会議が開かれました。採決の結果、議長…

2/14 市議会委員会は防災条例案を、全員反対で否決

2月14日、「教育経済常任委員会」で。市民グループが制定を求める災害対策基本条例案の採決が行われ、全員一致での否決となりました。このあと21日の本会議で、結果が報告され、市会議員全員28名による採決が取られますが、否決される見通しです。し…

2/13 市民が防災条例の必要性を意見陳述

条例の必要性を議員に訴える 2月13日(月)、茅ヶ崎市議会の臨時会の第2日が開かれました。災害対策基本法の制定を直接請求した「みどりと命を守る住民会議」の請求代表者二人が、15分ずつ陳述し、条例の必要性を議員に訴えました。今回、条例制定とい…

災害対策条例の制定 委員6名否決の理由 茅ヶ崎

大規模火災時の広域避難場所の確保、住民参加などを求めて、「みどりと命を守る住民会議」のメンバーらが市民約9000名の署名を集め、直接請求で制定を求めていた「災害対策基本条例案」。茅ケ崎市議会臨時会は、2月14日「教育経済常任委員会」を開き…

2月13日 (月) 10時〜 市民側の趣旨説明 傍聴に行こう! 

本会議・第2日 趣旨説明 2月13日(月)午前10時から 市役所本庁舎6階 議場*条例制定請求代表者の意見陳述(30分)・・・条例の請求代表から直接請求について趣旨説明があります。 *質疑~付託 *報告本会議の終了後、委員会(第1日)あり。 *教育…

2/9「防災条例直接請求」にあたって市長と面談

2017年2月9日、市役所の市長応接室において、 市長と「みどりと命を守る住民会議」の面談が行われました。 住民会議側からは、条例案の作成にかかわった弁護士2名も出席をしています。2月3日の市議会臨時会で、すでに「条例が必要ない」と明言して…

2/3 茅ヶ崎市長は「条例化の必要はない」

茅ヶ崎市の市民団体「みどりと命を守る住民会議」が、直接請求で求めている「災害対策基本条例」の制定。新聞各紙が報じていますが、平成29年1月27日、 服部市長は「条例化の必要はない」との意向を明らかにしました。 ★神奈川新聞の記事はこちらから w…

傍聴に行こう! 市議会(臨時会)の日程です

茅ヶ崎市議会 臨時会の予定表 条例制定の請求を受けて、市長は市議会臨時会を招集しました。 2月3日(金)本会議・第1日 午前10時から 本会議の初日となります。*提出議案趣旨説明・・・市長から意見書を添えて、条例案についての議員への説明がありま…

県の無茶ぶりがよく分かる! 広域避難場所について

県・市・茅ヶ崎協同の議事録から 県・市・茅ヶ崎協同の3者による話し合いの議事録(平成27年10月〜平成28年4月まで)から、茅ヶ崎ゴルフ場の「広域避難場所」に関するところをピックアップしてみました。(この3者議事録は、情報公開請求による公の文書で…

2017/1/16「茅ヶ崎市災害対策基本条例」の制定を求めて本請求 

平成29年1月16日、 茅ヶ崎市の市民団体「みどりと命を守る住民会議」は、広域避難場所の確保などを明記した「茅ヶ崎市災害対策基本条例」の制定を求めて本請求を行い、市長はこれを受理いたしました。こうして、条例制定の請求書を提出できたのは、市民…

署名期間中、街なかでピックアップした市民の声

有効署名数は8912人! 昨年、11月11日~12月11日の1ヶ月間に渡って、茅ヶ崎市の「災害対策基本条例」の制定を求めて、市民の署名が集められました。集まった署名数は9436人に達し、市の署名審査を終了した時点で、有効署名数は8912人となりまし…

12/16 「命を守る条例請求」 市民9382名の署名を提出!

11月11日からスタートした「命を守る条例請求」のための署名活動。 署名を集められる期間は、わずか1ヶ月と定められています。12月11日をもって、署名活動は終了しましたが、市民の皆さまの署名数は、9382人となりました。 必要な署名数は40…

本格的な署名活動スタート!市民の方のご署名お願いします!

署名は12月11日まで 11月11日から、市民グループ「みどりと命を守る住民会議」は、茅ヶ崎市に「災害対策基本条例」の制定を求めて、署名活動を始めました。新しく求める「災害対策基本条例」の3本柱は、①広域避難場所の安全面積の確保・・・1人2…

新聞各紙が報道! 命を守る条例請求 茅ヶ崎

新たな防災条例を求めて、11日から署名スタート! 4日、市民グループ「みどりと命を守る住民会議」(牧野武・大内和史 共同代表)は、茅ヶ崎市に新たな「災害対策基本条例」の制定を求めて、11月11日から署名活動を始めることを記者発表しました。1…

11/4 命を守る条例請求 市に書類を提出&記者発表

茅ヶ崎市に申請書を提出 平成28年11月4日、茅ヶ崎市に条例制定を請求するための書類を、行政総務課に提出しました。私たちの住むまち、茅ヶ崎市の災害から私たち市民の命と財産を守るためには、地域住民の声を反映した防災条例が必須です。みなさんの署…